英日翻訳の単価はいくらか?相場を知れば迷いが無くなります

英日翻訳単価 英日翻訳・ポストエディット

英日翻訳の単価は、いくらが相場なのか?

過去に何度か英日翻訳を依頼したことがある人は、単価の相場を大体把握されているかもしれません。
しかし、初めて依頼される人や、滅多に依頼されない人、あるいは単価を比較された経験がない人は、世の中の単価を知らない人が多いと思います。

この機会に、大体のイメージだけでもつかんでおいた良いでしょう。
相場を知っていれば、安い高いの判断が容易になるからです。

本記事では、英日翻訳の単価について詳しく説明します。
読むだけで、業界の相場が理解できるはずです。

英日翻訳の単価|日本翻訳連盟が提示

日本翻訳連盟の英日翻訳の単価

一般社団法人 日本翻訳連盟が定時している単価は以下の通りです。 英日翻訳の場合は、原文の英語1ワードあたりの単価。日英翻訳は和文原稿の1文字あたりの単価となります。

文書の分野/種類英日翻訳:英文→和訳(税別)日英翻訳:和文→英訳(税別)
コンピューターマニュアル28円20円
一般科学・工業技術28円21円
金融30円25円
経営管理・財務・契約書30円25円
医学・医療・薬学35円30円
特許明細書26円30円

<出典:日本翻訳連盟 Webサイト

上記の表組は、各分野ごとの翻訳料金の目安です。
当然、難易度が高くなれば、それだけ高くなります。
この単価は、私の感覚では相場よりちょっと高いので、もしかしたらDTP費用も含まれているかもしれません。

実際の英日翻訳の単価|翻訳会社の相場

翻訳会社の単価

では、いろいろな翻訳会社の日英翻訳の単価に比較しましょう。

A社ドラフト翻訳:10円~15円
翻訳+クロスチェック:14円~23円
翻訳+クロスチェック+ネイティブチェック:18円~30円
B社17円~22円
C社26円
D社25円
E社18円
F社12円~24円

クロスチェックやネイティブチェックは、校正方法ですね。
クロスチェックは、翻訳前の翻訳後の2つの原稿を突き合わせる校正方法です。誤訳や訳抜けが無いかを調べます。
ネイティブチェックは、翻訳後言語のネイティブが文法や表現をチェックします。たとえば日英翻訳の場合は、英語を母国語とするチェッカーが、英日翻訳の場合は日本人のチェッカーが校正します。

当たり前ですが、翻訳会社によって単価が変わるだけでなく、納期や分量、専門性や難易度によっても違ってきます。

英日翻訳の単価は?|フリーランスの相場

フリーランス英日翻訳の単価

次は、英日翻訳のフリーランスの相場を見てみましょう。
情報元は、ネットです。色々なサイトを調べました。
7円/ワード~30円/ワード

フリーランスの翻訳家は、翻訳会社以上に翻訳単価が大きく異なります。翻訳会社よりフリーランスの方が料金に差があります。

1ワード7円で翻訳するところもあれば、30円のところもあります。もちろん内容や知名度によって大きく変わりますが、探せば安いところが出てくると思います。 ここで大事なのは、単価が高いからといって、品質が良いとは限らないことです。

「高いから、それなりに良いものを納品してくれるだろう」
と思い込んで依頼して、最悪な品質のものを納品してきたという事故は少なくありません。

最初は小さい仕事を依頼し、この翻訳家は信用できると確認してから、大きい仕事を依頼しても遅くないです。

英日翻訳料金の計算方法は?

私は、文字数やワード数で計算するワード数カウント制が普通だと思っていましたが、いろいろ調べてみると、出来高制を採用しているところもあるようです。

翻訳済み原稿用紙枚数(400字詰)×ページ単価で算出しますが、ちょっと馴染みが無いですね。
今は使わなくなった原稿用紙に換算するのも違和感があります。

日英翻訳は文字数カウント、英日翻訳はワード数カウントだと考えておいて大丈夫でしょう。

まとめ

英日翻訳の単価の相場について、まとめました。
以下は、英語1ワードあたりの単価です。

  • 日本翻訳連盟:26円~35円
  • 一般の翻訳会社:10円~30円
  • フリーランスの相場:7円~30円

かなりバラつきがありますね。
ランサーズやクラウドワークスなどでは、1円~5円ぐらいの格安でやってくれるところもあるようですが、品質はかなり怪しいと思った方が良いかもいしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました